2007年05月01日

「無気力寸前!五月病迎撃LIVE!! 返り討ちに御用心」(追加)

 看板の写真は急いでて&帰る時には撤去されてて撮れず。

070430_2120~0001[2].jpg

(写真提供:じゅんぶサン)

 久しぶりのライブはもう圧倒されっぱなしでした。

 セットリスト。

『1991』
『ずれたJust Beat 』
『Good Morning』
『Kaze』
『Order border sholder』
『Yes,it's true』
『月の出ないWednesday』
『場合によってはランクを下げろ』
『夜は何かに怯え』
『UMOS(奪われたものより多くをその手につかめ)』
『そばにいさせてよ(モスキートソング)』
『すごいショックだろう』
『「A」からはじまる』
『熱く燃えた砂』
『snow』


『頑張れる人たち』
『アジアから来た女』

『They'll be back again 』


 オレンジ色の光がステージを照らし、SEが響く中、メンバー登場。
『1991』で始まり『ずれた Just Beat』『Good Morning』と出だしから激しい3連チャン。その間も、間奏で側によって弾き合ったりアイコンタクトして笑顔を見せたり余裕すら感じられた。『ずれた』でネックを手で払いのけるような英樹君の演奏法も印象的。

 「ちぃ〜〜す!・・・これで最後の曲・・・」

 とアタマにタオルを置いていつもの意地悪な台詞を抜かす英樹君。ピックがシックリ来ないと言って始まったのが
『KAZE』、「作り出せ未来♪」と以前に聴いた事あるか微妙な『Order border sholder』、金属音を鳴り響かすギターが独特の世界に導いて『Yes,it's true』、そして
『月の出ないWednesday』。

 「新しいメンバー」ケンヂ君のMC。髪を切った話から、言わなきゃ気づかない事を「自己申告」と称し一人ボケと突っ込みをやらかす。インディアンシャンプーの話になって、

「毛根が5月病」
 
 とタイトルに強引に結びつけた感じ。ケンヂ君じゃ無いけど確かに「前の2人(英樹君。丸ちゃん)」のふさふさ感は羨ましい。

 『場合によってはランクを下げろ』『夜は何かに怯え』
『UMOS(奪われたものより多くをその手につかめ)』
『そばにいさせてよ(モスキートソング)』とスローながらも重厚さと甘さを繰り返した後メンバー紹介。
 笑ってはいたが寡黙だった丸ちゃんの第一言が

 「にゃー」

 次回のライブ告知も行い、七夕の日・7月7日、場所は江古田マーキーと決定。アコースティックになるかもしれないと。

 英樹君曰く「久しぶりにチューニング」して準備万端、

『すごくショックだろう』『「A」からはじまる』と後半も飛ばして、今回始めて聴いた『熱く燃えた砂』。従来のサウンドとは雰囲気が違う、何処と無くリズミカルで南国チックな曲調。
「おっおおお〜〜〜〜」の叫びに、丸ちゃんがギターで追いかけてたけど、あそこは客席に続いて欲しかったのではないかと、後日ケンヂ君の日記に『参加型』ライブと書いてある箇所を読んで思った。
 そして『snow』。春にこの曲が聴けるとはある意味意外だったけど、

『綺麗な嘘も汚い愛も僕らが舞えば白く変わる〜♪』

 と聴くと、単なる冬の歌じゃ無いと言うのが伺える。
これは第三期VoThMの決意を歌ったというのは大袈裟かも。

 アンコールも『頑張れる人たち』『アジアから来た女』とガンガンに攻めて来て、『They'll be back again 』で〆るのが
最近の傾向。

 戻る時に英樹君とケンヂ君がぶつかってライブ終了。
 
 約2ヶ月ぶりのライブだったが、重厚な音にすっかり打ちのめされ、立ってるのがやっとだった。
 たった3人で、オケを使ってないのにここまで出せるのは
やっぱ凄い。この凄さに嵌りつつある。
posted by しらほ at 01:01| 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このセトリ見ただけで、あ〜これ聴きたい!って
曲ばかりで…思わず椅子からずり落ちそうになったよ。
当日の朝までは東京にいたのにな〜(T-T)
次回7月は行けそうです。
Posted by misae at 2007年05月02日 14:08
はじめまして!
けんぢくんファンのいちごと申します。
今回は残念ながらライブに参加できませんで(泣)彼は今回何かやらかしてしまったのですか?
HPでずいぶん反省されてるようで・・・・。
もし良かったら教えてください。
Posted by いちご at 2007年05月02日 14:26
 何とかGWまでに続きを・・・頑張ります。

>misaeさん

 しょっぱらから飛ばして、途中コッテリとした
展開で、本当に濃密でやられっぱなしの一時でした。
 7月来れるのですね!一緒に楽しみに待ちませう。

>いちごサン

 こちらこそはじめまして。

 ケンヂ君MCの時に独りでボケと突っ込みを
やったと言うか;;;
 お客さんは全然気にして無いし、英樹君も
大うけしてたしで、ケンヂ君も反省する事は無いと思うんですがねぇ。
 
Posted by しらほ at 2007年05月05日 00:29
お疲れ様でしたぁ!(遅っ)

お話楽しかったです。
何てマニアック!
Posted by ののこ at 2007年05月06日 23:28
>『熱く燃えた砂』
>「おっおおお〜〜〜〜」あそこは客席に続いて欲しかったのではないか
次に演ったら、あとに続こう〜♪
はぁ〜。本当に格好良いよねー!!
私は、あの重厚さと甘さの中盤に心持ってかれちゃったよ。次も楽しみ♪
TBさせてね〜♪♪
Posted by じゅんぶ at 2007年05月07日 22:30
>ののこサン

 お疲れ様でした。
いやいや全然遅くありませんよ♪

あまり喋れませんでしたが、次回お会いした時も宜しくです。でっ、何がマニアック?(笑)

>じゅんぶさん

 お疲れさまでした。看板の写真
ありがとうございました。
 
 あの時、例えメンバーに促されたとしても、
続けなかったと思う位、圧倒されてました。
 確かに『そばにいさせてよ』の歌にクラッと。。。
 次回も楽しみですね。TBありがと!
Posted by しらほ at 2007年05月07日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

4/30 VoThM「無気力寸前!五月病迎撃LIVE!! 返り討ちに御用心」♪(ちょい追記)
Excerpt: そして夏日の振替休日は、VoThMライブ♪ 「無気力寸前!五月病迎撃LIVE!! 返り討ちに御用心」新宿RUIDO K4にて 鬼気迫る演奏というか、圧倒されてしまいました。 聴いたことのない..
Weblog: ゆーまりーの
Tracked: 2007-05-07 23:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。