2007年04月24日

23日。

 選挙終りましたねー。宅八郎さんはダメでしたねーー。

 注目された長崎市長選挙、新聞(というかネット)には
『世襲』が逆風だったとか書かれてたけど、世襲で当選した&
させてる所に較べれば、住民の質が良いと言うべきか。

 尤も僅差だったし、選挙期間も短すぎ、無効票の問題もあるんだけど。

 そもそも、娘婿より娘が立候補した方がまだマシだったんじゃないの?
汚物、じゃなく小渕の娘と言うだけで受かった例もあるし。

http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20070423-188532.html
posted by しらほ at 00:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

長崎市長選挙で思う・・市長の後継とは
Excerpt: 伊藤一長長崎市長が選挙中に射殺された事で補充立候補が行われた。 伊藤一長長崎市長の長女婿(「長」が四回も続出) 市役所の課長が立候補を届け出て、市民はどちらを後継者とするかの選択を迫られた。 し..
Weblog: 未常識への挑戦が世界を拓くby 政党・平和党代表・大坂佳巨
Tracked: 2007-04-25 07:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。