2007年03月02日

(本編まで)VoThMライブ「ウメだぁ★サクラだぁ☆満開御礼ライブ」in原宿RUIDO

 都内でのVoThMライブは今年最初。今回の会場『原宿RUIDO』は
今までにVoThMや『The Gates』でライブを行っておりいわば
想い出の多い場所。そんなRUIDOも今月での閉鎖が決まっている。


hRUIDO.JPG
 
 セットリスト。

01『kaze』 
02『GO 3』
03『それじゃぁあのゴッホを頂だい』
04『They'll be back again』
05『何だって?』
06『UMOS(奪われたものより多くをその手につかめ)』
07『夕べのキミ』
08『SALLA(サーラ)』
09『Fight or Fight,Night』
10『1st of March』
11『This is the "ラブ" 』
12『アニマルファーム』
13『SNOW』
14『ライセンスをもらったHighteen Lady』
15『アジアから来た女』
16『Hey!Mr.』

Enー1『警鐘を鳴らす快楽主義者』
Enー2『マイ・シリアス・タイム』

Enー3『I've loved them』


 

暗いステージの中から

夕〜べに濡れた〜あれからさ〜〜♪

 と英樹君の叫びが響きそして間髪いれずに激しい演奏。

 都内一発目のライブは『kaze』で始まった。
つい風邪引いてるメンバーを思い浮かべたが、そのケンヂ君の表情がどことなく青白く見えたのは未だ体調が悪いから、それとも照明のせいか。
 
 ギュ〜〜インと響くギターに濃密なリズムが刻み、

 『GO 3』

 間奏で丸ちゃんの後ろに張り付くように英樹君が重なって
共演。張り付けない?ケンヂ君とはアイコンタクトでやり取り。
 
 『それじゃああのゴッホを頂だい』

 丸ちゃんのソロもノビノビ演奏していて心地よい。

 「ちぇ〜〜っす!!・・・VoThMです・・・」

 とつるっと挨拶して

 『They'll be back again』


 スタッフがベードラのマイクを調整し、途中で英樹君が何故か
ニヤリと。どこか間違えた??

 『何だって?』

 前半のスローで重厚な音から、後半一気に駆け下りてゆく辺りが好き。
 例えで言えば、ジェットコースター。ゆっくり上がって行き
そして一気に堕ちていくような感じ。

 『UMOS(奪われたものより多くをその手につかめ)』

 ここでのリズム隊は凄かった。まだ始まって間もないのに、ここでこんなに飛ばしたら中盤以降持たないよとつい心配にさせられてしまった程。それ位ド迫力なリズムを叩きつける。叩くと言えば、ケンヂ君の必死に叩く姿って中々魅力があると思う。
あの姿に惹き付けられる女性の方は結構居るのでは?

 迫力あるベースだったのに、

「どうもあけましておめでとうございます〜」

 にどう反応して良いか凍りつく客席;;。

 ウチの子=ベースが復帰したと嬉しそうに話し、

「リニューアルしたベースにリニューアルしたVoThM。」

 「フロント2人(の衣装)は白、これから色んな色に染めて・・・」に笑いが溢れ、っという事は・・・

「でも後ろのヤツは染まってます。独り紫!〜〜独りだけ・・・
色が違うって言うかさ・・・」
ケンヂ君自体が「新しい色」らしいが、「昔」を知ってると言え、色に関して恐ろしくて笑えない毒を吐き、そうかと言えば、子供抱いてるお客さんに関係者席を勧めたり、コロコロ変わる英樹君。次の曲は

 『夕べのキミ』

 歌ってる英樹君の顔が切ない。

 『SALLA(サーラ)』

 ケンヂ君が加入以来、イントロが一番ドキドキヒヤヒヤする曲になってしまったが、今回は上手くいった模様。英樹君も笑わずに歌いあげたし(笑)

 『Fight or Fight,Night』


 ここでメンバーでラジオ番組に出演した裏話を。
 長くなるので要約すると、DJを努めた並木のり子サンを
「何ですか、のんたんだよ」と毒つき、そこから「もぐたん」になり、名前を忘れたけど「もぐたん」のお姉ちゃんが可愛かったと英樹君が言えば、それは岡マユミさんと丸ちゃんが答える流れ。
 名前をメモらないと・・・と英樹君が言った時、即メモ帳を鉛筆を渡すべきだったとちと反省。
 
 ここで知った事。ケンヂ君は電車マニアと同時に
女子アナフェチという事と、丸ちゃんが耳栓とピローをしないと寝れないという事。尤も耳栓フェチでは無いらしい。

 和んだところ?で、

10『1st of March』

原曲?は『1st of august』だが、今日は『3月1日』という事で今回だけしか聴けない??レアな選曲。


11『This is the "ラブ" 』

12『アニマルファーム』

 ここで「ケンヂ君タ〜イム!」って事でケンヂ君がMC用に用意してたハンドマイクを手にボソボソ。

 「最近どぉ〜〜♪」

 とぐっち君の物まねに爆笑。本当に某鍵盤氏と顔だけでなく
趣味趣向持ち物もソックリらしい。
 「苦しい時のメンバー紹介」の後、今後についての展開(未だ未定だけど)を話してくれて、今後が益々楽しみになってきた。
VoThMに対し、こんな楽しみが膨らむなんて正直初めて。

13『SNOW』

 もうじき、歌うのが難しくなる季節になるけど、3人になって初めて出来たこの曲、大事にしていきたいと思った。

 手拍子も聞こえる中、

14『ライセンスをもらったHighteen Lady』

 前回の大阪ライブに続いて聴けたのは凄く嬉しかったが、前回よりまとまってた感じ。個人的にはもっと奔って欲しかったところ。

15『アジアから来た女』

 テンポ良く続き、フロント2人が前に出てきて更に気分を煽る。振り付けしてる方もいたけど、まだ照れが入って無理。

16『Hey!Mr.』

posted by しらほ at 01:05| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさま(*^-^*)
閉店しちゃうのは、さみしいものだよね。

私にとっては想い出ないけれど。

レポは無理せずにね〜(^-^)ノ~~
Posted by よっちゅう at 2007年03月02日 06:49
>よっちゅうサン

 自分もここのRUIDOは2回目なのでそれ程想い出は無いのですが、
メンバーにとっては想い出数多みたいです。

 レポは気長にお待ちを;;
Posted by しらほ at 2007年03月04日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35024039

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。