2010年05月02日

5月1日 Yone-kumaセッション

 yonekuma1.jpg


約1年ぶりに行って来た。今回はキーボードに田口君と言うライブは、漫談?!は面白く、そして演奏は格好良いいと言う理想的なライブだった。久しぶりに爆音聴いたので耳が痛くなったがこれは嬉しい悲鳴というもの。


 まずはセットリスト


『The Pump』

『Georgy Porgy』

『Donna』

『哀しみの恋人たち』

『Good by Elenore』(+岩瀬聡志 On Piano)




『青いブランケット』(米川&田口)

『ボストン』

『You Really Got Me』

『Fox On The Run』×2

『White Sister』

『All US Boys』 (+岩瀬聡志 On Piano)



EN『真夜中まで8マイル』(+岩瀬聡志 on Piano)


 今日の占いは「何を喋っても受けそう」だったたらしい田口君は、以前より痩せた気がしたが、最初から快調に飛ばし、米川君に「マイク使って喋ってください」と突っ込まれる程。曲によって赤い鍵盤とピアノを使い分け、熊丸さんが好きと言うドラマ「101回目のプロポーズ」で使われた「別れの曲」を聴かせてくれたと思ったら2回目で失敗したり、引き付けるのが上手い。最近「GReeeeN」がお気に入りだそうで、そういえば、何故か持ってきた『Touch and Go』のタオルも緑だったし、アンコールに着てた上着も緑色だったのはひょっとして合わせたりして?!。

 第2部、米川君と田口君との2人で「ブランケット」演奏後の漫談で、田口君がピアノを演き出し、米川君が「1960〜〜♪」と英樹の真似して歌ったのに爆笑。アンコールの「8マイル」では客席にやってきてくれた。

『Fox On The Run』は途中熊丸さんがドラムを間違えたようで、演奏後もう一度演ろう、演らせて下さいと客席にお願いするところ、熊丸さんのプロとしてのこだわり、プライドを感じた。こんな凄いメンバー、演奏でミスったのが悔しかったのかも。この曲はメンバー1番づつ歌うのだが、田口君の歌詞ぐちゃぐちゃ、特に2回目の時なぞ、


「首飾りを〜外した〜〜♪」


 と違うじゃんって。
 

 今回のカバー曲で聴いた事あるのが『You Really Got Me』位と言う程の洋楽音痴だが、メンバーの惹きつける演奏のお陰でこれらの曲に興味を持ち始め、帰宅後早速「YOUTUBE」で聴いてみた。演奏はYone-Kumaの方が迫力あったと言ったら「本家」に失礼か。


 終了後、米川君のDVDを買ってサインを貰い、最後メンバー全員の集合写真と「米田」のツーショットを撮らせて貰い、急いで最終電車で帰宅。米田で並んでる時に「背小さくなった米?」と田口君、最後まで元気で笑わせてくれた。



posted by しらほ at 03:29| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。